ユーラシア大陸最西端の地、ポルトガルのロカ岬。

2003年に、東京からロシアに渡り、
ユーラシア大陸をクルマで走り渡った時のショット。

十字架を頂いた石碑には、ポルトガルの詩人、
ルイス・デ・カモンエスの叙事詩
「ウズ・ルジアダス」の一節、
「ここに地終わり、海が始まる」が刻み込まれている。

石碑の前は断崖絶壁になっており、
眼の前には大西洋が広がっている。

2010年1月表紙

CLOSE X