2001年5月26日のF1モナコ・グランプリの予選2回目の走行。
スタートして右に曲がる第一コーナーを過ぎてすぐ
左側の建物4階からのショット。

ふだんはマンションだが、グランプリ期間中は窓を開ければ
絶好の観戦ポイントとなる。
ここの主人は、グランプリに合わせて
僕のような客人をもてなしてくれたが、
モナコの住人全員がレース好きというわけではないらしい。

隣家の主などはF1マシンの爆音と観客の喧噪が大嫌いだそうで、
グランプリ期間中は部屋を旅行業者に貸し出し、
静かなところに旅行に出掛けたという。
逃避と臨時収入獲得という一挙両得だ。

急な上りコースを駆け上がっていく水色のマシンは、
ジェンソン・バトンがドライブする
ベネトン・ルノースポールB201。
8年後の世界チャンピオン、バトンの予選結果は17番手。
決勝レースは7位完走。
チームメイトのジャンカルロ・フィジケラは
ブレーキトラブルによって、43周でリタイヤしている。

レースを制したのは、フェラーリに乗るミハエル・シューマッハ。
2001年は、まだF1の世界はバブルの真っ最中で、
莫大なスポンサーマネーが流れ込んで来ていた。

この画像で見えているだけでも、大型クルーザーが
三重の列を作ってモナコ湾に停泊している。
当時の金満ぶりが表われている。

2010年1月表紙

CLOSE X