2007年9月にアルゼンチンで行われた
ランドローバー社のメディアイベント
「Road to the Clouds」に参加した時のショット。

アルゼンチンには、“南北アメリカ大陸で、
クルマで越えられる最も標高の高い峠”が存在していて、
そこをランドローバー・ディスカバリー3で越えてみよう
と いうのがイベントの趣旨だった。

このショットは、その峠、Paso Abra del Acayに向かう
道を上っていく途中に、助手席から、
雪の残る窓の外の光景を撮ったもの。

正確には、峠は4895メートル地点にあったが、
特別な許可を得て道路を外れ、
5007メートルをGPSの高度計で確認した。

5000メートルもの高度をクルマで急速に
上がっていくものだから、当然、高山病に罹った。
酔っぱらった時のようにフラフラになり、頭が痛い。

一日に水を4リッター以上飲めという指示を守ったが、
ふだん、海水面に近い高度のところに住んでいる者としては、
山を下りるまで変わらなかった。

詳しくは、COLUMNに書きました。

Road to the Clouds

2010年10月表紙

CLOSE X