戦国武将の兜やヨーロッパ中世の騎士の鎧のような
外壁の建物はロスアンジェルスの
ウオルト・ディズニー・コンサートホール。
2005年に出版した『レクサスのジレンマ』という
単行本の取材のために彼の地を訪れた時のショットだ。
レクサスとは何の関係もないのだが、
訪れた取材先の向かいにあったのでシャッターを切った。
フランク・ゲーリーという建築家によるものだ。

スペインのビルバオにあるグッゲンハイム美術館も、
同じモチーフによる外観を持っている。
同美術館を初めて知ったのは、
映画「007 ワールド・イズナット・イナフ」の
アバンタイトルシーンでだった。
それにしても、ゲーリーは奇抜なかっこうをした
建物ばかりを建てる建築家だ。

2012年12月表紙

CLOSE X