2009年1月に新設されたシュツットガルトの
ポルシェ博物館を直後に取材した時のショット。

最上階から階下のレーシングマシンや911、
奥の917群もチラリと覗けている。

赤いクルマは、1959年ポルシェ製のトラクター。
1.6リッター2気筒ディーゼルエンジンを搭載する。
設計したフェリー・ポルシェは、
多機能を簡単に操作できることを狙いとした。
たしかに、シングルシーターだ。
1956年から63年までの間に12万台が製造販売された。

トラクターの奥に並べられているのは、
356カブリオレのパトカー。
その先は、914に911用フラット6を載せた914/6。

ただ陳列するだけでなく、
様々な角度からクルマを眺められるように
建築的な工夫が施された博物館が増えてきている。
ここはその好例だ。

2013年2月表紙

CLOSE X