2009年10月にポルトガル・リスボン近郊の
エストリルサーキットのピットボックス2階から
ポルシェ935を撮ったショット。

サーキットでは新しく登場したポルシェ・ターボの
メディア試乗会が行われていて、それに参加した時のもの。

この時に限らず、ポルシェは市販車の新型が登場すると、
メディアにサーキットで好きなだけ走らせてくれることが
よくある。
サーキット走行は一般道よりも遥かに過大な負担が
クルマに掛かるから他のメーカーはあまり行いたがらず、
行っても2,3周だけだったり、
助手席に止まったりするものだが、ポルシェは違う。
自信がなければできないことだ。

935は1970年代から80年代に掛けて
世界中のレースを席巻したレーシングカーで、
ポルシェの名声を一層高めるのに貢献した一台。

新型ターボもその系譜に連なるものとして展示されていた。
マルティニストライプが美しい。

2013年3月表紙

CLOSE X