ベントレー・コンチネンタルGT

 クリックすると拡大します

フィアット500
 クリックすると拡大します
日産リーフ
 クリックすると拡大します

ポルシェ911カレラSカブリオレメルセデス・ベンツSLS AMG
 クリックすると拡大します

三菱パジェロ
三菱パジェロ
 クリックすると拡大します

日産リーフ
 クリックすると拡大します
三菱パジェロ
 クリックすると拡大します
フィアット500
 クリックすると拡大します

フォード・エクスプローラーアルピナB5 ビターボ
 クリックすると拡大します

月報
2011年4月April


4月8日 三菱パジェロ
MITSUBISHI Pajero



東日本大震災で被災された知人を訪れるために、
三菱自動車からパジェロ・ディーゼルロングを
借用して出掛けた。

選んだには、いくつか理由がある。

被災地とその近くで給油することは
避けなければならない。
ただでさえ不足している彼の地の燃料を
僕が入れるわけにはいかないからだ。
燃費の良いクルマが望ましい。
それに加えて、航続距離が長くなければならない。
さらに、現地へ向かう東北自動車道道路からして
すでに舗装のヒビ割れなどが生じているから、
悪路走破性も高くなければならない。
被災地では、なおさらだ。

88リットルという大きなタンク容量と
コモンレール式の最新ディーゼルエンジンの
燃費の良さとトルクの大きさ、
悪路を走破できる4輪駆動を備えている点から
三菱パジェロ・ディーゼルを選んだ。

報じられていた通り、東北自動車道の
郡山インターチェンジを越えた辺りから、
路面のヒビ割れや段差が目立ち、
応急措置が施されてはいるものの、
時速50キロや60キロに引き下げられた
最高速以下で通り過ぎても、
クルマに伝わる衝撃は大きい。
ホイールストロークが小さな乗用車タイプの
クルマでは安定感に欠けていただろう。

岩手の水沢インターチェンジで高速を降りた。
燃費は11km/リットルだから、
カタログ記載値よりも良かった。

翌日、国道を南下し、知人が被災した南三陸町を目指す。
国道でも、橋との接合部の舗装に段差が生じて、
ゆっくりと走らなければならないので、
あちこちで渋滞が起きていく。
それに従って走らなければならないが、
多少の段差などパジェロにとって、
まったく気にならない。

峠を越え、切り通しを降りて行ったところが
南三陸町だった。
ここが町であったということは圧倒的な瓦礫の
量の多さで理解できたが、どんな町で、
どんな人々が暮らしていたのかということは
想像することもできなかった。
それだけ、すべてが破壊し尽くされている。
こんな光景は見たことがない。

生々しいのは、津波の瞬間まで日常生活が
営まれていた形跡が、
そのまま瓦礫の中に残っていたことだ。
ノート、鞄、衣類、食器や電化製品など、
ついさっきまで持ち主の日常生活とともに
あったものが泥にまみれて散乱している。

クルマだって、丸められたティッシュペーパーの
ようにクシャクシャだ。
いかに、津波の押し寄せたエネルギーが
大きかったことか。
車種が判明しないほど原形を止めていないものも多い。

国道398号を通って、石巻市の知人を訪ねた。
途中の海岸沿いの町や村の破壊も凄まじかった。
北上川の河口に架かる新北上大橋の半分が
消失してしまっているのには言葉を失った。
流された鋼鉄製の橋脚が、どこにも見当たらないのだ。
大きく迂回して、女川から石巻に入った。
女川町では、港から打ち上げられてきた船が
国道を塞いでいて、ここも迂回して抜けた。
迂回路も、まだ瓦礫だけでなく泥が
片付けられていなかったので凹凸が酷く、
パジェロの最低地上高の高さと4輪駆動に助けられた。

石巻での様子などは、ブログにも書きました。

石巻市内を取材し、
渋滞した三陸自動車道経由で東京に戻ってきた。
総合燃費は、10.6km/リットル。
被災地で給油をせずに帰ってくることができた。

 

 

 

4月12日 ベントレー・コンチネンタルGT
BENTLEY Continental GT


フルモデルチェンジした
ベントレー・コンチネンタルGTで、
房総半島へテスト走行に出掛けた。
画像で見る限り、
旧型からの変更点がわからないくらいだが、
実際に運転してみると、すぐにわかった。
運転の際の指標となるボンネット中央の峯や
前後左右フェンダーのエッジが鋭くなった。
1950年代のコンチネンタルRやTなどが追い求めていた
「ナイフエッジ」スタイルを彷彿とさせる。

エンジンがパワーアップされた以外は、
メカニズムは旧型を踏襲しているが、
走りっぷりはだいぶ改まった。
姿勢変化が小さくなり、機敏に動くようになった。

非常に高品質なインテリアの仕上げには、
さらに磨きが掛かっている。
旧型オーナーがまず最初に欲しくなる
フルモデルチェンジだ。

 

 

 

4月18日 フォード・エクスプローラー
FORD Explorer



アメリカのミシガン州デトロイトにやってきた。
フォード社の本社から新型エクスプローラーを受け取り、
5日間、さまざまな取材を行った。
その成果は、追って、お知らせいたします。

新型エクスプローラーは見た目が
ガラリと大きく変わったが、
メカニズムやそれに由来する走りっぷりも大きく変わった。
日本では8月に発売開始される予定。

 

 

 

 

4月25日 ポルシェ・911カレラSカブリオレ
PORSCHE 911 Carrera S Cabriolet


ニューヨークに移動。久しぶりのソーホーで、
面白いポルシェ911カレラSカブリオレを見た。
詳しくは、ブログをどうぞ!