三菱アウトランダー・ハイブリッドのカットモデル
三菱アウトランダー・ハイブリッド
CLICKすると拡大します。
ベントレー・コンチネンタルGT V8
シトロエンDS5
CLICKすると拡大します。
豪華きわまるコンチネンタルGT V8の車内。
総革張りです。
ベントレーコンチネンタルCLICKすると拡大します。

月報
2012年9月September


 

 

8月31日 ベントレー・コンチネンタルGT V8
BENTLEY Continental GT V8




『モーターマガジン』誌での連載「プレミアムカーのこころ」の
取材のために、ベントレー・コンチネンタルGT V8で霧降高原へ。

コンチネンタルGT V8は都内と閉鎖された広場で運転したことは
あったが、長距離を走るのは初めてだった。

オリジナルのコンチネンタルGTのW型12気筒エンジンから
気筒数を減らし、排気量を小さくしただけのV8エンジンではなく、
気筒停止システムやツインターボチャージャーなどの新機軸を装備し、
効率を高めようとしているのだった。

トランスミッションも8速化され、総合的に若々しく
フレッシュな印象を受けた。
山道での振る舞いもうれしい驚きに溢れていた。

詳細は、発売中の同誌で、どうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月5日 三菱アウトランダー・ハイブリッド
MITSUBISHI Outlander hybrid



新型アウトランダーに追加設定されるハイブリッドシステムの
技術説明会に出席するために、田町の同社へ出掛けた。

先行メーカーの方式と違う凝ったハイブリッドシステムが
どれだけの効率化を成し遂げたのか、早く試乗してみたいところだ。

 

 

 

 

 

9月19日 フォルクスワーゲン up!
VOLKSWAGEN up!


横浜美術館で行われたフォルクスワーゲンの
新型小型車「up!」のメディア試乗会に参加する。

149万円からという思い切った低価格にもかかわらず
衝突防止自動ブレーキが標準装備されていたりする意欲作だ。

筋肉質を感じさせる走りっぷりはドイツ車そのもので、
日本の軽自動車やコンパクトカーのようなペナペナで頼りない感じは、
まったくない。

トランスミッションの微かな癖を重大視する指摘もあるが、
購入して乗り始めれば慣れて気にならなくなるだろう。
それどころか、自動変速モードとマニュアルモードが
シームレスにつながっている点は大きな長所となっている。

限られた試乗だったが、売れない理由が見付からなかった。

 

 

 

 

 

 

 

9月20日 シトロエン DS5
CITROEN DS5


メディア試乗会で好印象を得ていたシトロエンDS5を改めて借り出して、
日光・那須方面へ向かってみた。

個性的なエクステリアとインテリアデザインは大いに魅力的だ。
所有する喜びをとても強く刺激してくれる。

低速域で締め過ぎだったサスペンションも、高速道路では
フラットな姿勢を維持するのに大いに貢献していた。

車内は広く、トランクスペースも広大。
デザインの奇抜さに目を奪われがちだが、実用性も非常に高い。

山や海にセカンドハウスでも持っていて、
長距離走行をを頻繁に行うような人にはピッタリの一台だ。

 

 

 

 

フォルクスワーゲン up!
フォルクスワーゲン up! CLICKすると拡大します。
DS5の後ろ姿
DS5の後ろ姿 CLICKすると拡大します。
フォルクスワーゲン up!の後ろ姿
フォルクスワーゲン up!の後ろ姿
CLICKすると拡大します。
シトロエンDS5
シトロエンDS5 CLICKすると拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モデルチェンジして、
顔がホンの少しだけ変わりました
ベントレー・コンチネンタルGT V8
CLICKすると拡大します。