フォード・クーガ(画像はオーストラリアです)
フォード・クーガ(画像はオーストラリアです)
CLICKすると拡大します。

月報
2013年6月June


 

 

6月1日 フォード・クーガ
FORD Kuga


CS放送のアクトオンTVの取材でフォード・クーガを運転して
伊豆スカイラインへ。

先月オーストラリアで乗ったクーガの日本仕様。
とは言ってもオーストラリアは左側通行なので、まったく一緒。
改めてその秀逸なハンドリングに魅せられた。

 

 

 

6月6日 、7日 レクサスIS
LEXUS IS


新型レクサスISのメディア試乗会で、北海道洞爺湖へ。
4種類のISに乗った。
2.5リッターの「Fスポーツ」と3.5リッターの「バージョンL」の
ガソリンV6、2.4リッター4気筒ハイブリッドの「Fスポーツ」と
「バージョンL」。共通していたのは、凝ったメーターパネルや
ダッシュボードのデザイン。
上質な内外の仕上げ。
荒れた舗装になると途端に大きくなるロードノイズ、
小さくない風切り音、細かく震え続けるフロアなどの
ネガティブな面も共通していた。
大きくないボディで4ドア版のみという商品企画の根本に
抱いてしまう疑問を拭い去ってくれるだけのものは
残念ながら確認することができなかった。
もっと強く個性を主張した方が魅力を発揮できるのではないでしょうか。

 

 

6月10日 三菱eKワゴン
MITSUBISHI eK wagon


オースト三菱の新型軽自動車eKワゴンの
試乗会が有明で行われ、参加した。
日産「デイズ」と共同で開発された
“限定事実婚夫妻”が生み出した兄弟車。
狙い通りにうまくまとまっていたと思います。

 

 

 

6月11日 BMW3シリーズグランツーリスモ
BMW 3Series GranTurismo


3シリーズグランツーリスモのメディア試乗会が
横須賀美術館で行われた。
320iグランツーリスモは320iのセダンともワゴンとも違った
5ドアボディを持っている。
それも単に4ドアセダンにテールゲイトを付けただけではなく、
トレッドを拡げ、ホイールベースを延ばしている。
その甲斐あって、セダンやワゴンよりも走りが上質だ。
ひとクラスとまではいかないが、
半クラス上級の乗り心地と快適性。
セダンとワゴンを凌駕する
上質×5ドアハッチバックボディ=ニッチの二乗。

 

 

 

 

 

 

 

6月15日 三菱デボネア
MITSUBISHI Debonair


Webで連載している「三菱愛着力10年10万kmストーリー」
の取材のために、青森県へ。
三菱デボネアを2台乗り続けている男性を取材した。
オーナー氏のインタビューと併せて、デボネアにじっくりと
接することができたのは大きな収穫だった。

 

 

6月24日 パガーニ・ウアイラ
PAGANI Huayra


イタリアのスーパーカー「パガーニ」の日本窓口
「パガーニ・ジャパン」設立と新型車「ウアイラ」の発表会に
出席するために、永田町のザ・キャピトルホテル東急へ。

パガーニは「ゾンタ」をジュネーブモーターショーや
モンテカルロのオテル・ド・パリの前で眺めたことがある
くらいだったが、改めてその存在感の強さに感心させられた。
創立者であり、代表者のオラチオ・パガーニ氏のスピーチが
心を打った。
「私はアルゼンチンからイタリアにやって来て、
ランボルギーニに9年間在籍し、カーボンコンポジット素材の
研究開発部門を立ち上げた。そのランボルギーニをはじめとして、
フェラーリやマセラティ、アストンマーチン、ジャガー、ポルシェ、
ベントレー、ロールスロイス、ブガッティなど高性能車を造る
世界の自動車メーカーは、おしなべて現在では大きな
自動車メーカーの傘下に入っている。
パガーニは違う。
独立した小さなメーカーとして、独自の個性を強く打ち出し続ける」

「14歳、15歳の頃、レオナルド・ダ・ビンチの言葉を本で読み、
感銘を受けた。
“芸術と科学は手を取り合って進むものだ”。
その言葉は私のクルマ造りの指針となってきた」

「ス・ミズーラ(オーダーメイド)でクルマを造れるメーカーである」

「芸術を愛し、技術を信奉している日本人の心に届く
クルマを送り出していきたい」

走らせなくても、ウアイラが彼の言葉通りに仕上がったクルマで
あることは間違いないと断言できる。
ウアイラはマーケティングとは最も遠いところに位置する、
ひとりの男の情熱と論理が作り上げたもはや“作品”である。

 

 

 

 

6月25日 ポルシェ・カイエンハイブリッド
PORSCHE Cayenne Hybrid


『ゴルフダイジェスト・トラベラー』誌からの依頼で、
女子プロゴルファーの木戸愛選手と対談した。
彼女はポルシェ・ジャパンの本年度のスポーツアンバサダーに
選定され、カイエンハイブリッドを貸与されていることで、
僕にお座敷が掛かったというわけです。
テーマは、ポルシェというクルマについて、
プロゴルファーとクルマについて等々。

 

 

6月26日 フォード・フォーカス、フォルクスワーゲン・ゴルフ
FORD Focus、VOLKSWAGEN Golf


『モーターマガジン』誌の取材で茨城県鹿島へ。
フォード・フォーカスとフォルクスワーゲン・ゴルフの
比較試乗企画。どちらも国内外で試乗しているが、
改めてCセグメントの好敵手として較べてみた。
8月1日発売号に掲載されます。

 

 

6月29日 三菱eKワゴン
MITSUBISHI eK wagon


Webで連載している「三菱愛着力10年10万kmストーリー」の
取材のために、2週間おいて再び青森県へ。
今回は、軽自動車のeKワゴンを11年16万7000km
乗り続けている人のストーリー。

 

 

6月30日 シトロエンSM、ホンダS600、フェラーリ・モンディアルカブリオレ
CITROEN SM、HONDA S600、FERRARI Mondiale cabriolet


『NAVI CARS』誌の連載「家族カー」の取材で都内および埼玉県へ。
亡くなった父が愛した3台のクルマを引き継いだ息子と母親を取材。
7月26日発売号に掲載されます。

 

 

 

シトロエンSM
シトロエンSM CLICKすると拡大します。
三菱eKワゴン
三菱eKワゴン
CLICKすると拡大します。
BMW3シリーズグランツーリスモ
BMW3シリーズグランツーリスモ
CLICKすると拡大します。

 


ランドローバー・フリーランダー2
ランドローバー・フリーランダー2 CLICKすると拡大します。
三菱デボネア
三菱デボネアCLICKすると拡大します。
ランドローバー・フリーランダー2
ランドローバー・フリーランダー2
CLICKすると拡大します。
パガーニ・ウアイラ
パガーニ・ウアイラ CLICKすると拡大します。
パガーニ・ウアイラ
パガーニ・ウアイラ CLICKすると拡大します。
初代の三菱eKワゴン
初代の三菱eKワゴン CLICKすると拡大します。
BMW3シリーズグランツーリスモBMW3シリーズグランツーリスモ
CLICKすると拡大します。
パガーニ・ウアイラ
パガーニ・ウアイラ CLICKすると拡大します。
フォード・フォーカス、
フォルクスワーゲン・ゴルフスバルXVハイブリッド
CLICKすると拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レクサスISレクサスIS
CLICKすると拡大します。